2009年12月08日

うーむどうしよう

まったく放置してしまってるこのブログだけれど、さてどうしましょう?突然再開する?消しちゃう?

ぜんぜん再開するつもりはなかったんだけど、最近ケータイが便利になってきているから投稿しやすそうなんですよね…。家でPCに向かう時間がなくてもできるかも。なんて考えてたりして。
posted by yossie at 22:45 | 東京 ☀ | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

2007年03月06日

No Ordinary Music

No Ordinary Music / ジェイソン・エヴァリー

nod.JPG

格別に優れていたアルバムじゃないけれど、市場からなくなってしまうとなんとも寂しいもんです。サイモン&ガーファンクルのいとしのセシリアをダンサブルにカバーし、父親のフィル・エヴァリーとも見事な共演を見せたジェイソン・エヴァリーの元気なデビュー・アルバム。「本気でトゥルー・ラヴ」なんて言う日本でのヒット曲も生まれたようで、いかにもこれから売れそうな感じはあったんですけどね。

続きを読む
posted by yossie at 01:59 | 東京 ☔ | コメント(0) | トラックバック(0) | The Everly Brothers

2007年02月09日

Simon & Garfunkel メニュー

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)関連の記事はこちらにまとめておきます。この記事は随時更新されます。

◆アルバム・レビュー

●サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)
1964年 水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning,3A.M.)
1966年 サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)
1966年 パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム
1968年 ブックエンド(Bookends)
1968年 卒業−オリジナル・サウンドトラック(The Graduate)
1970年 明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)
1982年 セントラル・パーク・コンサート
2000年 ふたりの夢、ひとつの夢
2003年 オールド・フレンズ・ライヴ・オン・ステージ


●ポール・サイモン(Paul Simon)
1965年 ポール・サイモン・ソングブック
1972年 ポール・サイモン Paul Simon
1973年 ひとりごと There Goes Rhymin' Simon
1974年 ライヴ・ライミン Paul Simon Live Rhymin'
1975年 時の流れに Still Crazy After All These Years
1980年 ワン・トリック・ポニー One Trick Pony
1983年 ハーツ・アンド・ボーンズ Hearts And Bones 1 2 3
1986年 グレイスランド Graceland
1990年 リズム・オブ・ザ・セインツ
1997年 ザ・ケープマン Songs From The Capeman 1 2 3
2000年 ユー・アー・ザ・ワン You're The One
2003年 Live at Tower Theater
2004年 メイキング・オブ・グレイスランド
2006年 サプライズ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006年 Recorded As Jerry Landis

●アート・ガーファンクル(Art Garfunkel)
1973年 天使の歌声(Angel Clare)
1975年 愛への旅立ち(Breakaway)
1978年 ウォーターマーク(Watermark)
1979年 フェイト・フォー・ブレックファスト
1981年 シザーズ・カット〜北風のラストレター
1986年 アニマルズ・クリスマス(The Animals' Christmas)
1988年 レフティー(Lefty)
1993年 アップ・ティル・ナウ(Up `Til Now)
1996年 アクロス・アメリカ(Across America)
1997年 心の詩(Songs From A Parent To A Child)
2002年 心の散歩道(Everything Waits To Be Noticed)
2003年 Grateful: A Song of Giving Thanks
2007年 Some Enchanted Evening(2007年)

◆記事
NPR Simon & Garfunkel Interview 翻訳 1 2 3

◆関連する作品など
Art Garfunkel Live By Request

posted by yossie at 01:29 | 東京 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | Simon&Garfunkel

2007年02月08日

Art Garfunkel Live by Request

National Lampoon Radio Hour: It's About Time, Vol. 1National Lampoon Radio Hour: It's About Time, Vol. 1
Various Artists


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


またまた変なものを聴いてますが、これもiTunesで配信中ですのでダウンロード可能な人は聴いてみると面白いかも…。ってこれひとつ150円でも高い気がする(笑)。アーティが大好きな人は心が傷つくからダウンロード禁止!

iTunesではこちら→National Lampoon Comedians - All New National Lampoon Radio Hour


この中にArt Garfunkel Live by RequestというトラックがPart1から3まで三つ入っていて、それぞれがアーティがいかに人に知られていないかを揶揄したコメディというか、コント。もちろん登場しているのは本人ではありませんが…。

続きを読む
posted by yossie at 00:41 | 東京 ☀ | コメント(2) | トラックバック(0) | Simon&Garfunkel

2007年02月07日

Paul Simon Recorded as Jerry Landis

Recorded As Jerry LandisRecorded As Jerry Landis
Paul Simon


See details at Amazon
by G-Tools


なんとなくiTunesでポール・サイモンのユー・アー・ザ・ワンを聴いていたら、ウィンドウ下部のミニストアにこのジャケット写真が!おーiTunes Storeでダウンロードできるようになってるのね!ということでアルバム1500円で即効ダウンロードしてしまいました。今聴いてます。

iTunesでダウンロードしたい方はここ→Paul Simon - Paul Simon Recorded As Jerry Landis


さて、内容は以前のエントリでも紹介したふたりの夢、ひとつの夢とおんなじ様な内容かなぁと思って聴き始めたんですが、全然知らない曲ばっかりでした。最後のBeat Loveくらいかな。しかも結構録音が綺麗でクリアな音がします。とりあえず曲目を並べて見ましょうか。


続きを読む
posted by yossie at 00:54 | 東京 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | Simon&Garfunkel

2007年02月06日

Stories We Could Tell

Stories We Could Tell
Stories We Could TellThe Everly Brothers

One Way 1997-04-29
売り上げランキング : 142482


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


残念だなぁこういう名盤がどんどん廃盤になってしまうのは…。まだ廃盤じゃないのかもしれませんが、amazonではもう在庫が入ってないですね。ただ、Stories We Could Tell: The RCA Recordingsという、同じく70年代の傑作アルバムPass the Chicken and Listenの楽曲とセットになったCDはまだ売っているようなので、興味のある方はそちらを。かなりお買い得ですが、二つのアルバムの曲が混じってしまっているのでその辺は注意が必要です。

ロックでもないし、カントリーでもないし、ウェストコーストの爽やかなハーモニーロックスタイルと、南部ブルースの泥臭さが融合したような音楽で、ゲストミュージシャンがとにかく豪華な70年代エヴァリーズの傑作。

ジョン・セバスチャンラス・カンケルデラニー&ボニー・ブラムレットらをはじめ、グラハム・ナッシュライ・クーダージム・ゴードン、その他大勢の有名ミュージシャンが脇を固める奇跡のバンドアルバムです。いっぽうでドンが認めるように「あまりに多くのタレントが出演している為に、エヴァリー・ブラザーズらしさにかけている」かもしれません。

続きを読む
posted by yossie at 00:45 | 東京 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | The Everly Brothers

2007年01月29日

ガーファンクル氏オトモダチに

MySpaceのアート・ガーファンクルのページでお友達リクエストをしたら承認してもらえました♪

このページではニューアルバム『Some Enchanted Evening』のプロモーションが行われているのですが、ここでちゃんと音を試聴させて欲しかったな…。どうせ買うんですが。今回はどうも期待感が薄くって、もうすこし買う前のワクワク感がほしい!

とはいえ、明日発売日ですね。今日もう店には並んでいるようですが。僕は明日聴きます。それではその時までごきげんよう!


2007/1/30 追記

なんて言ってたら、しっかり新作からの試聴が追加されました。すごい!
posted by yossie at 23:28 | 東京 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2007年01月27日

デュエット・アルバム

デュエット・アルバムデュエット・アルバム
クリフ・リチャード ブライアン・メイ ブライアン・ベネット


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前、20代の若いイギリス人と話していたとき、「英国人アーティストで、本国では誰からも愛されていて人気があるのに、外国で全く認められていない人がいる」と言われたので、「それって、クリフ・リチャードのこと?」と聴いたら、嬉しそうに「そうだ」って彼は答えました。確かに、本国での評価に比べて日本でも相当認知度が落ちますが、この人の才能はすごいと思います。

クリフ・リチャードほどのベテランになれば買うほうも安心感があるというもの。だけど、それは時として新鮮味のないものになってしまう危険性もあります。そのへんが紙一重のアルバム。正直、すごく期待して買ったので、もっと完成度の高いものを期待しました。単なる企画アルバムの域を脱してくれるだろうと。もちろんその辺を纏め上げようという意図はサウンドの中にも感じられますが…。

何がいけないって、ごちゃ混ぜ感があるのがいけない。楽曲の一つ一つの仕上がりは素晴らしいものがあるのに、アルバムとしてのトータルのデキがもうちょっと作りこんだものにしてほしかったな。その辺を買った当日にレビューしてみます!

大英帝国のカリスマ、クリフ・リチャードのデュエット企画アルバムです。
続きを読む
posted by yossie at 19:01 | 東京 ☀ | コメント(1) | トラックバック(0) | CDレビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。