Song Watermark > Simon&Garfunkel > Surprise その5

2006年06月05日

Surprise その5

サプライズサプライズ
ポール・サイモン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


未体験ゾーンの長期連載に入ってますが、まだ4曲目にさしかかるところです。まずいですね。長すぎ。でもとりあえず腹筋しておきました(笑)。そのぐらい気合入れないと、この曲は対峙できないからね。今日はSure Don't Feel Like Loveです。You're the OneにあったPig, Sheep and Wolvesみたいに、あえてポール・サイモンらしからぬ曲をやろうという意図が見えるような気がするな。でもボ・ディドリー調のリズムに独特のドラムをのっけているところ(これをスティーヴ・ガッドがやってくれてるのが嬉しい)は新しいけど、やっぱり歌詞の組み立て方はいかにもサイモン。

サウンド面に比べて、歌詞の内容があんまりポジティブじゃない。ひどく内省的。この裏側には何かが潜んでいるはず。だからこの曲を積極的に理解しようとすると、かなりの冒険的な推測をしないといけない。ので、してみます!


この曲のドラムの音はいいですね。乾いていて、リズミカルで、さすがスティーヴ・ガッド。グルーヴが効いてますよ。このリズムに乗せて、歌詞は実に自嘲的だ。なんでもうすこし、こういう曲ぐらいスカッといかないのかなぁと思ってしまいます。60歳を過ぎてポールに何が起こったのか。謎です(笑)。この辺の自己批判のやり方って、You're the Oneからするとちょっと昔に戻ったというか、後退している気がしないでもない。

I registered to vote today
Felt like a fool
Had to do it anyway
Down at the high school

この出だしは、いかにもポール・サイモンらしくない。内容がぜんぜん空っぽなのに加えて、today-anywayなんてどこにでもある韻の踏みかただし、fool- schoolに至っては、ひとつまえのoutrageousで使ったばっかりです。だめだよ〜そんなにいい加減に出だしを書いちゃ。と、思うんですが、これがどうも意図的にそうしてあるとしか思えない(というか思いたい)。

Thing about the second line
You know, "felt like a fool"
People say it all the time
Even when it's true

「ばかみたいって思った」って誰でも言うんだよね、ほんとにバカらしいときでも。出だしからするとあまり頭のよさそうでない主人公、ここでそのようにふと思いついたようです。このあたりはポールが自分をからかっているんじゃないでしょうか。そこで、

Who's that conscience sticking on my sole of my shoe

このリフレインが詩人らしいところになります。ふつうモノやコトを指すときは疑問詞はwhatを使うのですが、ここではwhoが使われています。つまりconscienceは「人」として扱われているのです。と、言うことは自分の足の裏、つまり意識しなければ見えないところにいる「良心」は誰なんだ?というわけです。見えないところとはいえ、自分の足の裏なんだから、ほんとはこれは自分の良心なんですね。自分には良心があるだろうけど、見えないところにある状態を作っている。ここで問題になってくるのが、

Cause it sure don't feel like love

という文。もちろん「恋をする気分じゃない」というふうに訳すと自然なんだけれども、ここは実は、自分の見えにくい「良心」が「愛」とは程遠いものだという意味をかけてるんじゃないかなと思います。僕の良心っていったいなんだろう?人を愛することができるものじゃないな、って。

自分の感情がいかにドライなものかは、

A tear drop consists of electrolytes and salt
The chemistry of crying is not concerned with blame or fault

などという必要以上に冷静な分析を持ち出すことによって表わされています。これは大変な人ですね。なんたって「チキンやコーンマフィンのほうが愛に近い」などと言い放ってますから(笑)。その直前のセンテンスでおそらくこの曲の主題と思われることが出てきます。

A voice in your head that you'd rather forget
You get sick from that unspoken
頭の中に響く声は忘れたほうがいい
その発せられない声にうんざりしてしまう


自分の心の中の声でしょうか。何をするにしてもそれが聞こえて来てしまう。だからうんざりしてしまう。その声が言ったのでしょうか。この人、自分の過去を振り返って一つ一つ自分が悪かったと思うことをほじくりかえします。

once in August 1993 I was wrong

1993年といえば、10月にサイモン&ガーファンクルが再結成してニューヨークで公演を開始した頃ですから、8月はその企画・準備段階のはず。それが悪かったというのか?でも確かに以前NPRのインタビューの中で、このときの再結成はほんとに嫌だったと述べてますから、ありえる話です。しかもその次の文章で、

One of my best friends turned enemy
僕の親友の一人が敵になった

などと言われては、アーティも嫌でしょうね(笑)。ちがう人であることを祈るのみです。

これ、すごく歌詞的にはかる〜い曲なんだと思います。しかし逆に考えてみると、このアルバムでは、サウンド面で新しい冒険をしていると同時に、これまでのキャリアだけでなくプライベートな人生をすべて振り返って、記録しておかなくてはいけないという意気込みがあるのかもしれない。そこまで考えてしまいます。

この曲と、次の曲とのコントラストがすごい。
Wartime Prayer、すごい曲なので、次回にじっくりと。







posted by yossie at 23:59 | 東京 ☀ | コメント(5) | トラックバック(0) | Simon&Garfunkel
この記事へのコメント
この曲、Outageousと元は1曲だったのかも。
Outageousの後半部分が独立した、とか。
Posted by こうもり at 2006年06月06日 08:33
あーっ。

こうもりさん、実はおんなじ様なことを考えました。なんかOutrageous後半部分の歌詞とスムーズにつながるんですよね。あるいは書いてみたら雰囲気が似ていたので、つながるように2曲並べたのかな。

そうやって考えたほうが、この曲を受け入れやすいですね。
Posted by yossie at 2006年06月06日 15:56
リマスターのアウトテイクをいろいろ聴いてわかったのが、ポールって歌詞だけ別の曲に持っていったり、作りかけたイントロだけ違う曲に使ったり、結構作りながら切り張りする人だから。
Posted by こうもり at 2006年06月07日 02:48
この曲、好きなんですが、ほとんどワンコードじゃないですか?
Posted by ひろみつ at 2006年06月07日 20:06
こうもりさん、確かにそうですね。そうだとするとOutrageousからはうまいこと切り取ったということになりますね。Outrageousはあれ以上ネガティブな要素を付け足さないほうが曲としてすごく締まってよいと思います。

ひろみつさん、それこそ、リズムで音楽を表現するっていうことへのチャレンジなのかも。グレイスランドから20年、ここまでできるようになったのかと思うと感慨深いですね。


Posted by yossie at 2006年06月08日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。