Song Watermark > 日記 > 気になる新作たち

2005年05月24日

気になる新作たち

大物のカムバック作品がけっこう目立つかな。洋楽シーンにいろんな新作が発表されてます。まだ聴いてないけど、気になる〜ってのをちょっとあげてみます。

僕はこの人はけっこうボブ・ディランに近い存在なんじゃないかしら?と思うのがブルース・スプリングスティーン。彼の新作デビルズ・アンド・ダストが全米チャートを急上昇です。まあ出せば大ヒットの人だからあたりまえか。ブルース・スプリングスティーンの魅力はそのアニキ的な豪快さもそうですが、歌詞がすばらしいですね。詩人というイメージがつきにくい人ですが、僕は詩人だと思ってます!これから彼のアルバムもいくつか紹介する予定にしてますよ。この新作もフォークロック的なにおいがして、語りかける彼のボーカルにぴったり。買い物リスト入り。

次はボビー・コードウェル。おなじみHeart of Mineの人でミスターAORとも呼ばれるお方。JAZZ路線に行ってしばらくAORからは遠ざかってたみたいですが、今度の新作パーフェクト・アイランド・ナイツで待望のカムバック!のようです。それにしても「上を向いて歩こう」を日本語で歌ってる!?

まだ売り出されてないけど心待ちにしたいのがカーリー・サイモンの7月に予定されているという新作「ムーンナイト・セレナーデ」。大ヒットした『うつろな愛』を収録したノー・シークレッツから33年の月日がたちました。この大ヒットアルバムを手がけたリチャード・ペリーを再びプロデューサーに起用して、I Only Have Eyes For Youなどのスタンダードナンバーに挑む作品です。カーリー・サイモンとリチャード・ペリーのインタビュー映像もついてるみたいですよ。7月発売。





posted by yossie at 00:49 | 東京 🌁 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
この記事へのコメント
昨日の「英語でしゃべらナイト」(NHK)でパックンがボビー・コールドウェルにインタビューしていました。
毎度の事ながら私はミュージシャン事情に疎いのですが、ボビーさんかっこいい受け答えだなァと見ておりました。
昨日の今日と、バッチリのタイミングだったので思わず書き込みしております(^^;)
今晩深夜枠(1:55頃)で再放送とのこと。
Posted by GACHA at 2005年05月24日 10:55
GACHAさんこんにちは!

それは知りませんでした!ボビー・コードウェルかなりの日本びいきでらっしゃるようですね。Heart of Mineのころはいかにも80年代っていうサウンドでしたが、新世紀にどんな音を聞かせてくれるのか気になりますね。
Posted by yossie at 2005年05月24日 19:54
スプリングスティーンでは「ネブラスカ」みたいなアルバムもいいですね。聞き終わった後、暗澹とした気持ちになりますが。

ボビーコールドウェル、ちょいと小粋にキメたピアノ弾いて歌うおっちゃんですな。
Posted by ひろみつ at 2005年05月27日 10:49
ネブラスカ!
しみじみとしたアルバムですよね。ゴースト・オブ・トム・ジョードってのもくら〜い感じでしたけど、迫力ありました。むちゃくちゃロックにはじけるアルバムと、弾き語りアルバムと、差が極端ですよね、このひと。

あ、オアシスの新アルバムに触れるの忘れた・・・
Posted by yossie at 2005年05月28日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3856641
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。