Song Watermark > Jimmy Webb

2006年04月17日

Twilight of the Renegades

Twilight of the Renegades/ジミー・ウェッブ
Twilight of the Renegades/ジミー・ウェッブ

ジミー・ウェッブと言えばロマンチックで繊細な歌詞とメロディ。何度も聴くうちに心にしみて病み付きになる優しさを持った音楽。なのに、このジャケットデザインはなんだ〜と言いたくなりますが、中身はさすがによく出来た楽曲でいつものジミー・ウェッブ節は健在ですね。(ジャケットがどうも…なんてひとはiTunesでダウンロード→Jimmy Webb - Twilight of the Renegadesも出来ちゃうわけです。便利な世の中♪)

前作の素晴らしかったSuspending DisbeliefSuspending Disbeliefからはなんと12年ぶりとなる2005年発表のオリジナルアルバムですね。前作ではエレキギターのサウンドの力強さも印象深かったのですが、近作は再びアコースティックピアノを軸としたしっとりとしたサウンドになっています。
続きを読む
posted by yossie at 00:00 | 東京 ☀ | コメント(2) | トラックバック(1) | Jimmy Webb

2005年05月12日

ジム・ウェッブの愛の世界

あんまり「おすすめ!」って感じでもないけど、なぜか何回も聴いちゃう。最初は愕然として、え?どういうこと?みたいな思いでいっぱいだったんだけど、この不完全さというか若さというか(笑)、なんか聴いてあげなきゃっておもうのかな。最高にセンチメンタルで繊細なソングライター、ジミー・ウェッブの20歳のときのレコーディング。

ジム・ウェッブの愛の世界

jimmyweb.jpg


何でこんな書き出しになっちゃうかというと…

続きを読む
posted by yossie at 01:00 | 東京 ☀ | コメント(5) | トラックバック(0) | Jimmy Webb

2005年02月26日

Ten Easy Pieces

結局、歌というのは、その作者のものなんだ、という当たり前のことを気づかせてくれる、というかその事実を突きつけてくるような、そんなアルバムです。

Ten Easy Pieces/ジミー・ウェッブ

teneasy.jpg


ジミー・ウェッブが数々のアーティストに提供して大ヒットした過去の名曲を、彼自身が弾き語りと最小限度のバッキングで歌い上げるシンプルな歌曲集。ほとんどピアノの弾き語りだけなのですが、本当に効果的なポイントだけにコーラス、チェロ、ストリングス、サックスなどが入り、これが実に感動的なトッピングとなってジミー・ウェッブの感情のこもった歌声を引き立てています。グレン・キャンベルがヒットさせたBy The Time I Get To Phoenixは、傷心の旅の情景の移ろいを切なく描いている感じがオリジナルに完全に勝ってます。MacArthur Parkもそうだし、The Worst that could happenもそう。痛々しいぐらい彼の味わい深いボーカルが感動的に歌い上げます。極めつけはアート・ガーファンクルに提供されたAll I Knowですが、このジミーのバージョンを聴いてしまうともうアーティのバージョンに戻れなくなってしまうのではと思うくらい、震えそうなくらいの感動モノ(僕はアーティのバージョンも大好きだし、アーティの大ファンですからね、念のため)。

BGMとして流すのではなく、彼の歌声と対話するつもりでじっくり聴きたいCDです。

2/28 追記
まもなく、70年代のアルバム5枚をセットにしたて未公開曲をボーナスにしたボックスセット、The Moon's A Harsh Mistressがリリースされます。All My Love's Laughter、Crying in My Sleepやマッカーサーパーク、By the Time I Get to Phenixなどのおなじみの曲が彼自身のバージョンで聴ける!エヴァリーズのLet It Be MeやLove Hurtsなども!ただし、2500枚限定販売という狭き門です。欲しい方はお早めに!
posted by yossie at 01:40 | 東京 🌁 | コメント(2) | トラックバック(1) | Jimmy Webb

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。