Song Watermark > Billy Joel

2006年10月08日

ニューヨーク52番街

ニューヨーク52番街/ビリー・ジョエル
ニューヨーク52番街/ビリー・ジョエル

日本ではビリー・ジョエルよりも有名な(?)名曲「オネスティ」を収録している名盤です。1977年に初めての大ヒットとなったストレンジャーを発表した翌年に作った作品だから、どえらいプレッシャーがあったろうと思うんだけど、作品自体にはそんな雰囲気など全然ない。この辺はイーグルスホテル・カリフォルニアのあとのロング・ランが重々しい雰囲気を持っていたのとだいぶ違う気がする。比べるもんではないけど。

かといって、すごくとっつきやすいアルバムでもない。それなりにクロスジャンル的なアプローチがあって、あんまりロック一辺倒ではなくてところどろこジャズやR&Bっぽい雰囲気が漂うのがこの作品。個人的な間奏をいえば、ビリーを語る上では避けて通れない作品だけど、聴き始める作品としては難しいかも。やっぱり前にも書いたけど、ポップな大ヒット曲満載のイノセント・マンあたりが聴きやすいかと。これは3つ目あたりに聴くと良さが良く分かると思いました。

続きを読む
posted by yossie at 22:21 | 東京 ☀ | コメント(3) | トラックバック(2) | Billy Joel

2006年10月05日

ストレンジャー

ストレンジャー/ビリー・ジョエル
ストレンジャー/ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエルのアルバムの中で一番すきなのはこれかな。以前イノセントマンについて書いたときも言ったんだけど、ロックにして、この芸術性は筆舌に尽くしがたいものだと思う。たぶんこれが好きな理由はそういったつくりの美しさと共に、とってもニューヨークを感じさせるのものだからなのかも。

続きを読む
posted by yossie at 00:41 | 東京 ☁ | コメント(0) | トラックバック(1) | Billy Joel

2006年09月29日

River of Dreams

River of Dreams / ビリー・ジョエル
River of Dreams / ビリー・ジョエル

いよいよ来日が迫ってきました、Billy Joelです。僕も当然行きますよ〜。東京ドームのチケットをとってあります。ビリーは結構おしゃべり好きだし、様々なテレビ番組に出ていて自分のパフォーマンスや曲作りについて話してくれていますが、あの名曲『素顔のままで』を歌っているときもおなかがすいてハンバーガーのことを考えてるとか、すっかりポップソングには情熱が冷めてしまったとか、なんだか普通に考えたらがっかりするような言葉を連発していますが、彼のユーモアがそれを許せてしまうのですよ。

とは言っても、紛れもなく素晴らしいメロディを残してきたわけで、今日からちょっとビリー・ジョエルの作品を取り上げてみようかなと思っております。まずはこの作品から。

続きを読む
posted by yossie at 00:56 | 東京 ☁ | コメント(0) | トラックバック(1) | Billy Joel

2005年08月20日

イノセント・マン

イノセント・マン/ビリー・ジョエル
イノセント・マン/ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエルを聴いてみようかな、という人にとっては必ずぶち当たるであろう問題がります。それは、あまりに名作が多くて、いったいどこから聴きはじめていいかわからないということです。もちろんピアノ・マンのメロディに惹かれて興味を持った人もいるだろうし、ストレンジャーの芸術性は筆舌に尽くしがたいし、オネスティを収録して都会的なセンスたっぷりのニューヨーク52番街もすばらしいアルバムです。でもそれぞれに味が違うし、お勧めするほうも結構困るんですよね。

そんな中でやっぱりアルバムとしてひとつを聴いてもらおうとしたらこのアルバムが一番聴きやすいと思います。とにかくポップで、ロックで、優しく楽しいアルバム。

続きを読む
posted by yossie at 15:35 | 東京 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | Billy Joel

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。