Song Watermark > Eagles

2005年04月27日

ホテル・カリフォルニア

いまさら説明することもないですね。世紀の名盤。ただ、タイトル曲のあまりのインパクトというか、露出の多さにアルバムとしてなかなか語られることがない「ホテル・カリフォルニア」という言葉。この曲が最高傑作になって、そのあとは解散しかなかったなんて言われるけど、でもシングルで大ヒットを飛ばしたことが解散につながるなんてことはなくて、アルバム作品としてどうだったのかを見てみないと分からないですよね。

ホテル・カリフォルニア/イーグルス

hotelcalifornia.jpg



続きを読む
posted by yossie at 03:07 | 東京 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | Eagles

2005年04月17日

Tell Me the Truth

さて、ティモシーくんです。この人の魅力はその透き通るような声。去年の10月30日に東京ドームにイーグルスを見に行った日、ちょうど誕生日で57歳になったはず。あのハイトーンボイスもこの年になればちょっとかれてくるのかな、と心配してました。ところが、彼のイーグルス時代の代表曲、ロング・ラン収録の「言い出せなくて」を歌いだしたとたん、そのあまりの美しいボーカルに誰もがあっけに取られて動けなくなった。この年齢の人があんなに綺麗な声を出すなんて常識で考えられないです。ドン・ヘンリーやグレン・フライのイーグルスを見に行ったはずの大観衆が、この比較的控えめなベーシストに魅了された瞬間でした。そのティモシーくんの三枚目のソロアルバムをご紹介です。

テル・ミー・ザ・トゥルース/ティモシー・B・シュミット

tellmethetruth.jpg


続きを読む
posted by yossie at 11:21 | 東京 🌁 | コメント(0) | トラックバック(0) | Eagles

2005年03月27日

インサイド・ジョブ

全盛期っていうのは一般的に最も売れた時期をさすことが多いですね。ドン・ヘンリーにとってはホテル・カリフォルニアが全盛期であって、その後の数枚のアルバムも根強いファンに支持されていたから、けっこう息の長いアーティストです。でもしばらく音楽の表舞台からいなくなってしまうと、さすがにカムバックしてくるのは難しいはずなんですが…

インサイド・ジョブ/ドン・ヘンリー

insidejob.jpg


いくらBoys of Summerがかっこいい曲でも、いくらHeart of the Matterがロック史上に残る名バラードでも、それぞれが収録されていたアルバムBuilding the Perfect BeastEnd of Innocenceはこのアルバムの完成度を上回ることはできないでしょう。2000年に発表されたドン・ヘンリーの11年ぶりの新作は、そのくらい充実しています。名曲ぞろいです。

続きを読む
posted by yossie at 00:01 | 東京 ☀ | コメント(0) | トラックバック(0) | Eagles

2005年01月26日

Hole in The World

ブルース・スプリングスティーンやスティングもそうであるように、2001年9月11日の(もう、あれから3年半・・・)同時多発テロに触発されて平和や怒りを訴えるメッセージをこめた曲を作曲した人たちはたくさんいます。1994年のヘル・フリーゼズ・オーヴァー以来、10年近くもまったく新曲を出してこなかったイーグルスが2003年に突如として発売したすばらしいシングルを今日はご紹介します。

Hole in the World / イーグルス
holeintheworld.jpg


先日見に行ってきた東京ドームでのドン・ヘンリーのコメントによると、9.11以来、彼自身が言葉にして書かなくてはと思った曲。クレジットではドンとグレン・フライの共作となっています。「世界に穴が空いている/恐怖と悲しみの雲がたちこめている/今夜、世界に穴が空いている/明日にはこの穴があってはいけない」というコーラスを4人コーラスでひたすら繰り返す歌です。そこへ若干のドンによるAメロ(っぽいメロディ)がからんできます。それだけシンプルな構成の曲なのに展開がとてもドラマチックなのです。まずはアカペラで4人で入ったと思ったらすぐにティモシー・シュミットのベースとドンのパーカッション。Aメロを経た後またコーラスに戻って今度はジョー・ウォルシュのエレキギターが加わり、またドンのリードの後に今度のコーラスは転調してキーが上がり、ドンのメロディと同時にバックでコーラスが歌われ、突然アカペラに戻ってワンコーラス歌った後にバンド音がすべて入ってきてドラムのビートも細かく刻まれ・・・。曲作りのお手本を見てるような感じなりますが、これだけ単調なメロディなのに何回聞いてても飽きないのが不思議。コーラスと楽器構成が命の曲です。それと、力強い平和への祈り。ティモシーくんファンの私も彼のベースと高音コーラスが楽しめました♪

CDマキシシングルでも出てますが、DVDも一緒になったシングルもあるので、それに興味がある方は(こっちのほうがおすすめですが)公式サイトへどうぞ。4人が一箇所に集められたマイクを中心にハンドクラップを入れながら歌っている姿が素敵です。

posted by yossie at 00:55 | 東京 ☁ | コメント(0) | トラックバック(0) | Eagles

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。